スポンサーリンク

だだちゃ納豆(2カップ)(有限会社加藤敬太郎商店(酒田納豆)、大粒)

こんにちは。
本ブログをご覧頂きありがとうございます!
「納豆日誌-Natto Diary-」管理人の納父さんです。

今回ご紹介させて頂く納豆は…
有限会社加藤敬太郎商店(酒田納豆)の『だだちゃ納豆(2カップ)』です!

 

【徹底検証】マツコの知らない世界で紹介された「納豆箸」を利用すべき4つの理由!
本記事では「マツコの知らない世界」で紹介された「納豆箸」と100均で買った普通の箸とで、納豆を混ぜるとどれだけの違いがあるのかを比較検証しています! ※納豆箸とはその名の通り「納豆をかき混ぜる」ために存在する、納豆専用のお箸です。

だだちゃ納豆(2カップ)について

だだちゃ納豆(2カップ)

この『だだちゃ納豆(2カップ)』は、千葉県船橋市のJR船橋駅前にある『東武船橋店』にある「KITANO ACE東武船橋店」で2カップ入り税抜323円で購入しました。

1カップあたりの料金は税抜161円程です。
比較的高価格帯の商品です。
※2019年4月時点

有限会社加藤敬太郎商店(酒田納豆)は山形県酒田市に本社を構える200年以上続く納豆メーカーです。
「酒田納豆」という名前でも有名で様々なデパートなどに加藤敬太郎商店さんの納豆製品が売られています。

だだちゃ納豆(2カップ)開封後

 

写真のように、納豆1カップに対して『正田流 納豆のたれ』が一つ入っています。
たれは「正田醤油株式会社」の製品となります。

大豆は中粒で、固さはとても柔らかく、噛むと砕けるような食感です。
見た通り真っ黒な豆ですが、「だだちゃ豆」とは枝豆用に栽培されている大豆で、山形県鶴岡市の特産品となります。
パッケージにも記載があるように、かき混ぜても、ほとんど粘り気がなく、ぱらぱらと吹き飛ぶ感じがします。
だだちゃ豆はその甘みが特徴とされていますが、たれの甘みだけでなく、豆の甘みをとても感じることのできる商品です。
いつもの納豆とは違った感じではありますが、味わいがありおいしい納豆です。

 

◆補足情報
豆の大きさ:小 1–2––4–5 大
味の濃さ :薄 1–2––4–5 濃
買いやすさ:–2–3–4–5 易
値段   :高 1––3–4–5 安
スポンサーリンク

商品情報詳細

以下、商品パッケージより引用しています。

◆商品名
だだちゃ納豆(2カップ)

◆製造者
有限会社加藤敬太郎商店
山形県酒田市十里塚字村東山北73-3

◆商品について
本品は糸引きの弱い納豆です。

◆原材料名
納豆/だだちゃ豆(茶豆・国産)(遺伝子組み換えでない)、納豆菌
[たれ] しょうゆ、砂糖、食塩、かつおエキス、こんぶエキス、酵母エキス(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

◆内容量
30g × 2個

◆栄養成分表示
不明

(引用元:商品パッケージ)

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

コメント