スポンサーリンク

昔ながらの納豆屋さん(株式会社オーサト、中粒)

こんにちは。
本ブログをご覧頂きありがとうございます!
「納豆日誌-Natto Diary-」管理人の納父さんです。

今回ご紹介させて頂く納豆は…
株式会社オーサトの『昔ながらの納豆屋さん』です!

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

昔ながらの納豆屋さんについて

昔ながらの納豆屋さんパッケージ

この『昔ながらの納豆屋さん』は、神奈川県横浜市内にあるロピア希望ヶ丘店で3パック入り税抜45円で購入しました。

1パックあたりの料金は税抜15円程になります。
かなり低価格帯の商品となります。

株式会社オーサトは茨城県取手市に本社を置く、1927年創業の納豆メーカーです。
『雪誉』を主力に数種類の納豆を毎日40万食出荷しています。
また、食品の安全確保を狙いとした「いばらきハサップ」に認証されています。

 

本商品の大豆は国産ではありませんが、オーサトさんの別商品で「国産昔ながらの納豆屋さん」という国産大豆を使用した商品もあります。

昔ながらの納豆屋さん開封後

写真のように、納豆1パックに対して『納豆のたれ』と『からし』が一つずつ入っています。

 

大豆の歯ごたえは固くもなく柔らかくもなく普通です。
たれの甘みが豆に絡んでいて、食べやすく癖の少ない納豆となっています。

大きな特徴のある商品ではないですが、値段がかなり安く、癖のない商品のため、日常的に食べるに適しています。

 

◆補足情報
豆の大きさ:小 1–2––4–5 大
味の濃さ :薄 1––3–4–5 濃
買いやすさ:難 1–2––4–5 易
値段   :高 1–2–3–4–
スポンサーリンク

 

商品情報詳細

以下、商品パッケージとオーサトさんのHPより引用しています。

◆商品名
昔ながらの納豆屋さん

◆製造者
株式会社オーサト
茨城県取手市下高井2172

◆商品について
うま味のある中粒納豆を丹念に仕上げた「昔ながら」の伝統の味です。
柔らかな中粒の大豆で、歯ごたえしっとり。名前の通り昔ながらの素朴さで、大豆の甘い香りが特徴です。

◆原材料名
納豆:丸大豆(アメリカまたはカナダ)(遺伝子組み換えでない)・納豆菌
たれ:しょうゆ(大豆、小麦を含む)、植物性蛋白加水分解物、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、果糖ぶどう糖液糖、醸造酢、食塩、みりん、カツオエキス、砂糖/調味料(アミノ酸等)
練からし:からし、食塩/酸味料、酒精、着色料(ウコン)、増粘多糖類、ビタミンC

◆内容量
40g×3

◆栄養成分表示
不明

(引用元:商品パッケージ、オーサトHP : https://www.osato.co.jp/nb/yukihomare.html)

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

コメント