スポンサーリンク

国産大豆使用の手造り納豆(自然の味そのまんま)(株式会社冨良食品(こだわりの味協同組合)、大粒、キタムスメ)

こんにちは。
本ブログをご覧頂きありがとうございます!
「納豆日誌-Natto Diary-」管理人の納父さんです。

今回ご紹介させて頂く納豆は…
株式会社冨良食品の『国産大豆使用の手造り納豆』です!

 

【徹底検証】マツコの知らない世界で紹介された「納豆箸」を利用すべき4つの理由!
本記事では「マツコの知らない世界」で紹介された「納豆箸」と100均で買った普通の箸とで、納豆を混ぜるとどれだけの違いがあるのかを比較検証しています! ※納豆箸とはその名の通り「納豆をかき混ぜる」ために存在する、納豆専用のお箸です。

国産大豆使用の手造り納豆について

国産大豆使用の手造り納豆パッケージ

この『国産大豆使用の手造り納豆』は、神奈川県海老名市の「ららぽーと海老名店」内にある『こだわりや 海老名店』で100g入り税抜220円で購入しました。

納豆1食分を40~50gと考えると、本商品は2食(パック)分となります。
1パックあたりの料金は税抜110円程です。
比較的高価格帯の商品です。
※2019年2月時点

株式会社冨良食品は静岡県静岡市に本社を構える昭和29年に創業した納豆の専門メーカーです。
遺伝子組替大豆や添加物を一切使用しないで納豆を製造し続けています。

平成8年には静岡県の中小食品メーカーが中心となってスタートした「こだわりの味協同組合」を立ち上げ、「食の安全」を第一に考え、組合独自の認定基準を設け、承認を得た商品だけに「自然の味そのまんま」のマークを印字しています。

国産大豆使用の手造り納豆開封後

写真のように、納豆1商品に対して『「化学調味料無添加」納豆のたれ』が一つ入っています。
たれはユニ・フード株式会社製の商品を使用しています。
からしはついていません。

100gを半分に分けて、2食分として食べていますので、タレも半分に分けて利用して食しています。
本商品の大豆は北海道産秋田大豆(キタムスメ)大豆を使用しています。

大豆は大粒で、とても柔らかく、口の中で簡単にかみ砕き潰すことができる優しい歯ごたえです。
大豆の見た目として黒い点があるのが特徴です。
全体的な味は薄めでタレの味も濃くありません。
大豆をじっくりと味わう造りになっています。

 

◆補足情報
豆の大きさ:小 1–2–3––5 大
味の濃さ :薄 1––3–4–5 濃
買いやすさ:難 1––3–4–5 易
値段   :高 1––3–4–5 安
スポンサーリンク

商品情報詳細

以下、商品パッケージ及びこだわりの味協同組合HPより引用しています。

◆商品名
国産大豆使用の手造り納豆

◆製造者
株式会社冨良食品
静岡県静岡市駿河区広野2丁目17-15

◆商品について
北海道産秋田大豆(キタムスメ大豆)を使用し国内産赤松の板経木で包んで昔ながらの製法で醗酵させた手造り納豆です。

◆原材料名
納豆:国産丸大豆、納豆菌
たれ/丸大豆醤油(小麦・大豆を含む)、砂糖、鰹節、食塩、みりん、昆布、りんご酢。
からし/マスタード、りんご酢、食塩、水飴、唐辛子。

◆内容量
納豆:100g たれ:7g からし:1.2g

◆栄養成分表示
納豆・たれ・からし栄養成分表(1パック)
エネルギー:209kcal
たんぱく質:16.8g
脂質   :10.0g
炭水化物 :13.8g
ナトリウム:314mg(食塩相当量0.8g)
五訂商品成分表より

(引用元:商品パッケージ、こだわりの味協同組合HP(http://kodawari-kk.com/item/1391/))

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

コメント