スポンサーリンク

ふっくら大粒ミニ2(株式会社ヤマダフーズ、大粒、全国納豆鑑評会受賞)

こんにちは。
本ブログをご覧頂きありがとうございます!
「納豆日誌-Natto Diary-」管理人の納父さんです。

今回ご紹介させて頂く納豆は…
株式会社ヤマダフーズの『ふっくら大粒ミニ2』です!

 

【徹底検証】マツコの知らない世界で紹介された「納豆箸」を利用すべき4つの理由!
本記事では「マツコの知らない世界」で紹介された「納豆箸」と100均で買った普通の箸とで、納豆を混ぜるとどれだけの違いがあるのかを比較検証しています! ※納豆箸とはその名の通り「納豆をかき混ぜる」ために存在する、納豆専用のお箸です。

ふっくら大粒ミニ2について

ふっくら大粒ミニ2パッケージ

この『ふっくら大粒ミニ2』は、千葉県佐倉市にある『新鮮市場マルエイ 佐倉店』で2パック入り税抜113円で購入しました。

1パックあたりの料金は税抜57円程となります。
中価格帯の商品です。
※2019年1月時点

本商品は国産大豆を使用した商品です。
過去には第19回(2014年度)全国納豆鑑評会において最優秀賞を受賞した商品です。

ヤマダフーズさんは秋田県に本社を構える1954年から続く納豆メーカーです。
マスコットキャラの着物を着た女の子「なっちゃん」のイラストと「おはよう納豆」のブランドでもなじみがあるかと思います。
また、ヤマダフーズさんは研究開発のこだわりとして自社開発の納豆菌があります。

自社開発納豆菌
ヤマダフーズでは早くから発酵の命ともいえる「納豆菌」に着目。
納豆菌を独自に開発し、数十種類もの自社菌を保有しております。
オリジナル納豆菌を使うことで、お客さまのご要望にお応えできる、独自の製品を生み出すことができるのです。
引用元:ヤマダフーズHP:http://www.yamadafoods.co.jp/concept/

ふっくら大粒ミニ2開封後

写真のように、納豆1パックに対して『かつお昆布 旨みたれ』と『和からし』が一つずつ入っています。

 

豆の歯ごたえは大粒でもちもちふっくらで、しっかりとしている。
納豆の粘りの部分にたれの甘みが良く絡んでいる。
全体的にたれの甘みが強くなっていて、匂いもたれの味がします。
もちもち感と豆とたれの甘みを楽しめます。

◆補足情報
豆の大きさ:小 1–2–3––5 大
味の濃さ :薄 1–2–3––5 濃
買いやすさ:難 1––3–4–5 易
値段   :高 1–2––4–5 安
スポンサーリンク

商品情報詳細

以下、商品パッケージ及びヤマダフーズさんHPより引用しています。

◆商品名
ふっくら大粒ミニ2

◆製造者
株式会社ヤマダフーズ
茨城県牛久市奥原町字塙台1753

◆商品について
大豆そのものの味わいが楽しめる、ふっくらとした大粒納豆です。
大粒納豆は、極小粒納豆に比べ、大豆そのものの味わいが楽しめるのが特長です。
大豆は粒が大きいほどに、豆の味が濃くなり美味しくなります。
納豆は日用品的な食品ですが、大粒納豆はその贅沢な味わいから嗜好性が強いカテゴリーであり、同時に少数派ながらも根強いファンを持ちます。

◆原材料名
[納豆]大豆(国産)(遺伝子組み換えでない)、納豆菌、
[添付たれ]ぶどう糖果糖液糖、食塩、かつおエキス、醤油、麦芽エキス、こんぶエキス、発酵調味料、砂糖、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、酸味料、
[添付からし]マスタード、食塩、醸造酢、酵母エキス、酸味料、香辛料、着色料(ウコン)、増粘多糖類

◆内容量
[納豆] 40g×2 [かつお昆布だしたれ] 5.5g [本からし]0.8g

◆栄養成分表示
納豆(1パック46.3gあたり)たれ・からし付
( )内納豆のみ
エネルギー:88kcal(81kcal)
たんぱく質:6.7g (6.4g)
脂質 :3.8g (3.7g)
炭水化物 :7.3g (5.7g)
ナトリウム:260mg(1mg)

(引用元:商品パッケージ、ヤマダフーズHP(http://www.yamadafoods.co.jp/products/520/)

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

コメント