スポンサーリンク

匠ひきわり3P (株式会社登喜和食品、ひきわり、とよみづき)

こんにちは。
本ブログをご覧頂きありがとうございます!
「納豆日誌-Natto Diary-」管理人の納父さんです。

今回ご紹介させて頂く納豆は…
株式会社登喜和食品の『匠ひきわり3P』です!

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

匠ひきわり3Pについて

匠ひきわり3Pパッケージ

パッケージには「」と一言大きく文字が書かれており、なんとも高級感の漂う雰囲気があります。

 

さて、この『匠ひきわり3P』ですが、横浜市の相鉄線二俣川駅に今年オープンした『JOINUS TERRACE(ジョイナステラス)』内の『自然食品 F&F ジョイナステラス二俣川店』で3パック入り税抜230円で購入しました。

1パックあたりの料金は税抜77円程になります。

株式会社登喜和食品は東京都府中市に本社を構える1949年に設立したメーカーで、事業内容は「無塩大豆発酵食品の製造卸」となります。
納豆は登喜和食品さんのオンライン販売サイトで20種類程あり、納豆以外にも大豆の煮豆を、テンペ菌で無塩発酵させたインドネシアの伝統食品「テンペ」の製造も行っています。

 

匠ひきわり3P開封後

蓋を開けると写真のように、たれとからしが一つずつ入っています。

「たれ」は株式会社芥子屋四郎の『天然醸造醤油(井上醤油店)使用 味わいたれ』となっています。

そして、「からし」はマスタードのような見た目になっています。

実際に舐めてみてもマスタードのように感じます。

大豆は北海道産の「とよみづき」を特別栽培して使用しています。

 

「ひきわり」を食べるのは久しぶりでしたが…「おいしい!」

たれの味もひきわりによく絡んでいて、たれの味が強めに出ていますが、それもいいアクセントになっています。

ひきわりですが、歯ごたえもしっかりしており、「匠」の味を感じました。

なかなか見かけない商品かもしれませんが、他の店舗でも探してみたいと思います!

 

◆補足情報
豆の大きさ:–2–3–4–5 大
味の濃さ :薄 1–2–3––5 濃
買いやすさ:難 1–2––4–5 易
値段   :高 1–2––4–5 安
スポンサーリンク

 

商品情報詳細

以下、登喜和食品さんのHP及び商品パッケージより引用しています。

◆商品名
匠ひきわり3P

◆製造者
株式会社登喜和食品

◆商品説明(商品パッケージ)
北海道の大豆づくりと東京の納豆職人、匠のあわせ技。
粒よりの丸大豆を厳選し、仕込み直前に臼挽き。
原材料から製法までこだわり、匠の納豆を謹製しました。

◆商品説明(ホームページ)
仕込み直前に丸大豆をカット、発酵室内の特定位置で発酵させた匠の技が爽やかな旨みを醸し出しています。

◆原材料名
大豆(遺伝子組み換えでない)、納豆菌【たれ】醤油(大豆、小麦を含む)、砂糖、食塩、食醤(魚介類)、かつおエキス、清酒、米酢、酵母エキス【からし】マスタード種子、食塩、醸造酢(りんごを含む)、砂糖、果汁(りんご)、酵母エキス

◆原料 原産地名
大豆(国産)
※ホームページには「北海道 とよみづき大豆(特別栽培)」の記載

◆内容量
40g×3

◆1パックあたり<40g>栄養成分
エネルギー:76kcal(81kcal)
たんぱく質:7.2g (7.3g)
脂質   :3.4g (3.5g)
炭水化物 :4.2g (5.2g)
ナトリウム:1.1mg (205.1mg)
※( )内は、たれ・からしを混ぜた場合の数値です。

◆その他
・たれは、国産の原料のみで仕込んだ天然醸造醤油を使用。
化学調味料は使っていません。
・からしは、香味を生かして種子から粉砕加工。
増粘剤や着色料はつい買っていません。

・この「納豆」は、原材料にYes!Clean農産物を100%使用しています。
農産物名:大豆
生産集団名:十勝クリーン大豆生産組合

(引用元:株式会社登喜和食品ホームページなど
http://www.tokiwa-syokuhin.co.jp/index.html)

 

納豆大辞典~平均価格や最高値・最安値から販売店まで色々な種類の納豆が検索可能!
この『納豆大辞典(平均価格調査一覧)』では、様々な実店舗の納豆売り場を巡り、価格調査した結果を一覧にして掲載しています。納豆の商品名やメーカーだけでなく、最高値や最安値・実際に商品の販売が確認できた店舗などが簡単に検索できます。

コメント